Cloud Education System

本システムはクラウド計算技術を利用することで、学生に講義や研究に必要な環境を提供するインターネットサービスです。

Learn more »

Cloud Education System(CES)とは

自分のパソコンにプログラミング環境や計算環境がなくても, 仮想コンピュータ(Linux OS)にログインすることでプログラミングや計算を行うことができます。 使用者のパソコンがインターネットにさえ接続できれば,どこでもまるで大学のコンピュータを 使用しているようなイメージで作業をすることができます。

このシステムがサポートする講義・授業におけるレジュメの取得やレポートの提出などを行うこともできます。 さまざまな授業のサポートができるよう現在調整中です。

仕様

  1. Googleのクラウドサービスを利用することで、使用者1人に1台の独立なLinux計算機(仮想マシン, 4GB~218GB Memory, 10GB Harddisk)を提供 します。
  2. 使用者のニーズに応じて、計算機が動的に起動します。使用しないとき、計算機が自動的にシャットダウンします。
  3. 多くのプログラミング・計算ソフトが利用できます。
    • 現在使用できるプログラム言語(他の言語も追加可能): C,C++, Fortran, Java, Python
    • 数学の計算ソフトウェア(他のソフトも追加可能): Octave, R, Numerical Python, Maxima

News

  • 2017/06/24: 新しいDomainを導入しました。http://www.ces-alpha.org
  • 2017/06/03: Jupyter Notebook Server を5.0にアップグレードしました。
  • 2015/12/03: Window仮想マシンを利用開始しました。
  • 2015/10/05: IPython notebook Octave Kernelを利用開始しました。
  • 2015/08/01: IPython notebook を利用開始しました。
  • 2015/06/17: システムの使用手引きを作成しました。
  • 2015/05/23: Linuxサーバーの提供開始
  • 2015/04: 開発スタート

View more »

システムの使用手引き

システムの構成

CESに使用される技術・ソフトウェア


    Google Compute Engine

    Google App Engine

    Jupyter Project

    Octave Kernel for Jupyter

    FEniCS Project

Thanks:

  • このシステムの開発は新潟大学平成27年度授業改善プロジェクトのご支援を頂いております。

問い合わせ:

  • Contact: 劉雪峰(Xuefeng LIU), , 新潟大学 (Niigata University)


© Cloud Education 2015