計算機概論

Homepage: http://www.cloud2015.org/hp/Computer2015       2015年第二学期     理学部B303  

 

以下のリンクでレポートの提出をお願いします。 

http://www.cloud2015.org/Computer2015

 

第11回レポート: (締め切り:2016年2月7日(日))

Raspberry Piの由来、特徴、応用場面などについて1ページの文章を書いてください。

 

第10回レポート: (アンケート

 

第9回レポート: (締め切り:2016年1月6日(水))

1) クラウドコンピューティングが利用されるアプリやサービス(例えば、 Gmail, Google Document, Dropboxなど)を1つ選んで試して見て、使用の感想を書いてください。
特に、クラウド上に提供されるサービスとローカル計算機にインストールされるソフトウェアとの違いを説明しなさい。

2) 将来のインターネットの速度は現在の速度の100倍になると、何かの新しいいサービスが予想されるか、自由に書いでください。

 

 

第8回レポート: (締め切り:2016年1月6日(水))

1) クラウドコンピューティングが利用されるアプリやサービス(例えば、 Gmail, Google Document, Dropboxなど)を1つ選んで試して見て、使用の感想を書いてください。
特に、クラウド上に提供されるサービスとローカル計算機にインストールされるソフトウェアとの違いを説明しなさい。

2) 将来のインターネットの速度は現在の速度の100倍になると、何かの新しいいサービスが予想されるか、自由に書いでください。

 

 

 

第7回レポート: (締め切り:2015年12月16日(水))

1)過去のウイルス被害例を一つに対して、ウイルスの特徴、感染方法、被害状況などについて、500~1000文字程度で説明しなさい。

2)自分が取り組んでいるウイルス対策を説明しなさい。

 

第7回レポート: (締め切り:2015年12月9日(水))

ビッグデータの背景や、データベース技術に係る新しいい課題などについて、1ページの文書を自由に書いてください。

 

第6回レポート: (締め切り:2015年12月2日(水))

授業で説明した一方向関数のさらに先の話ですが、「因数分解と暗号化」のテーマで、1ページの文書を自由に書いてください。

 

第5回レポート: (締め切り:2015年11月18日(水))

以下の内容をまとめて、レポートを作成しなさい。

  1. ディスクのクイックフォーマット(quick format)とフルフォーマット(full format)の違いを説明せよ。
  2. 削除されたファイルが復旧可能という原理を説明せよ。
  3. 計算機を持っている場合、その計算機のパーティションとファイルシステムを確認して、報告しなさい。

 

第4回レポート: (締め切り:2015年10月28日(水))

課題1) 日本発または日本で開発しているOSを調べて、開発の歴史や状況などについて自由に書いてください。

課題2) Windowsのコマンド プロンプトを開いて、CLIで以下の操作を行って、報告書を作りなさい。

  1. 作業フォルダーの切り替え(cd)
  2. ファイルのコピー(copy)、削除(del)、名前の修正(rename)、ファイルの一覧(dir)、ファイル中身の確認
  3. フォルダーの新規作成(md)、削除(rmdir)

 報告書には、実際に行った命令の使用を説明しなさい。

  • 注1:命令の使用方法が分からない場合、キーワード「コマンドプロンプト + 命令」を使って検索しなさい。
  • 注2:命令の後に「/?」をいれると、該当命令の使い方が表示される。例:「dir /?」。

 

第3回レポート: (締め切り:2015年10月21日(水))

1)自分の計算機のCPUのスペックを調べて、CPUに関わる重要な指標(クロック数、キャッシュサイズなど)によってCPUの性能を説明しなさい。 (CPU種類の確認方法: Windows 7の場合 LINK )

2)1970年CPUの発明からCPUの技術の発展について、500文字程度の文章でまとめなさい。 (検索のキーワード:マイクロプロセッサーの歴史、CPU年表など)

 

第2回レポート: (締め切り:2015年10月16日(金))

1)計算機の入力装置であるマウスについて、 マウス移動の計算に使用される技術や原理を説明しなさい。
(1つの技術や原理に絞って説明してもいいです。)
2)500~1000文字程度。
3)PDFファイルを提出しなさい。