Cloud Education Systemの使用手引き

Homepage: http://www.ces-alpha.org/hp/Feedback            

CES-Alphaが提供している自動採点機能について

CES-Alpha では、数式の数学的な意味を理解できる採点機能を新しく導入している。

一般的な採点システムとは異なり、プログラムによる数学の演習問題の採点では、正しい回答に多くの変化があるので、数式を理解しないと正しく採点ができないことがある。例えば、「a(x+2) 」という標準解答例の場合、「ax+2a 」も正しい答えであることがある。

現在、PythonのSymPyと独自の数式処理エンジンを利用して、学生が入力する数式を解析して、演習課題の標準解答と一致しているがとうか判断して、採点を行っている。システム上、学生がレポート課題を提出後にすぐ答えが正しいがとうかを確認でき、レポート課題の再提出も可能である。さらに、学生の回答状況に応じて、式のチェックやヒント提示の機能も用意している。


また、システムでは得点の分布などを集計し、多くの図表による可視化を用意し、学生の得点状況を分析する機能が提供される。授業の担当教員はこの機能を利用して学生の学習状況をはっきりと把握でき、学生への個別指導が可能となる。

自動出題

CES-Alpha の自動出題システムの問題設定では、問題を自動的に変化させるパラメータが用意される。よって、学生に提示する問題が動的に変わって、学生間で回答が共有される不正行為を防ぐこともできる。